バイトの面接に受かりやすくなる方法

アポの電話は面接の第一歩、第一印象を良くしましょう

初めてのバイトともなると、連絡から採用されるまでどう振る舞ったら採用されやすいのかは誰でも気になるところです。バイトに採用されるポイントは、最初の面接アポの電話の時から始まっています。まず、アポを取る際には自分の名前と応募を見て電話をした旨をハッキリと伝えましょう。
面接の日にちが決まったら、絶対に遅刻は厳禁です。約束の時間の少なくとも10分前には面接先に到着するようにします。万が一電車の遅れ等で約束の時間に行かれない場合は、電話をしてきちんと理由を説明します。服装はバイトですのでス-ツとまではいかないまでも、バイトの内容に合わせたたうえで、あまりラフ過ぎない服装を心がけてください。面接は第一印象が重要なカギを握っていますので、相手にとって不快になるような外見は避けるようにしましょう。

15分の勝負!応答はハキハキと

面接が始まったら、相手の目を真っすぐに見ると睨みつけるようなイメ-ジを持たれてしまう場合があるので、相手の喉元より少し下あたりを見ながら、聞かれたことにはハキハキと返答するようにしましょう。下を向いてボソボソ話していては暗い印象を持たれてしまいます。緊張するのは当然のことですが、なるべくリラックスするように力を抜いて、もしも応募した分野が未経験であったら正直に未経験であることを伝えます。経験がなくてもやる気があることを面接官に伝えることが大切です。
聞きたい質問等があったら、ここで聞いておくとよいですが、あまりにも細かいことを立て続けに質問することは控えた方が無難です。面接は長くても15分程度ですので、席を立ってドアを閉めるまで気を抜かないようにしましょう。

© Copyright Career Guidance. All Rights Reserved.